Last updated on September 15, 2014


このプロジェクトは 独立行政法人科学技術振興機構 社会技術研究開発センターによる
社会技術研究開発事業研究開発プログラム「地域に根ざした脱温暖化・環境共生社会
の一環として東京都文京区(文の京=ふみのみやこ)を対象に行ったものです。

このプロジェクトは、幼稚園・保育園、小中学校、さまざまなイベントの時のちいさなプログラム、事業所のネットワーク化を通じて二酸化炭素の排出の少ない行動を誘発していこうというもので、地域の活性化を目指した人材育成も含めています。

プロジェクトは2009年度の企画調査からスタートし、2010年から実行段階に、そして2013年にまとめを行い、一区切りをつけました。

プロジェクトの実施主体

このプロジェクトには、地域のNPO、大学、企業、行政が関わっていますが主としてプロジェクトを動かしているのは次の2団体です。

東京大学・都市工学専攻・環境システム研究室

NPO法人環境ネットワーク・文京

1 企画調査「文教活動をてこにした文の京の脱温暖化可能性調査」 (2009年10月から2010年3月)

終了報告書はこちら (pdf, 6835 kB)
事後評価結果報告書はこちら (pdf, 123 kB) 

2 「主体的行動の誘発による文の京の脱温暖化」 (2010年10月から2013年9月)

報告書
平成22年度研究開発実施報告書(PDF:1,861KB)
平成23年度研究開発実施報告書(PDF:4,463KB)
平成24年度研究開発実施報告書(PDF:5,293KB)
研究開発実施終了報告書(PDF:6,039KB)

事後評価結果報告書
プログラム全体版詳細版

教材

省エネを考える教材(PDF:3,653KB)

★市販教材★
中村洋・安達昇 編著
省エネルギーを話し合う実践プラン46
独立行政法人科学技術振興機構社会技術研究開発センター
「地域に根ざした脱温暖化・環境共生社会」研究開発領域 編
公人の友社


(2009年度企画調査)

この企画調査「文教活動をてこにした文の京の脱温暖化可能性調査」は2009年10月から2010年3月までの間、独立行政法人科学技術振興機構 社会技術研究開発センター社会技術研究開発事業研究開発プログラム「地域に根ざした脱温暖化・環境共生社会」の一環として行ったものです。

活動内容の概要

普及拡大戦略調査グループと学校と家庭での実践試行グループに分かれて実行可能性を検討しました。

概略を示したポスターです(クリックすると大きくなります。)


 
2009年12月3日の「地域に根ざした脱温暖化・環境共生社会」領域合宿において発表しました。

活動の例
さまざまなイベントにおける脱温暖化行動・環境配慮行動の実行の試行(プチエコ)


環境フェスタたいとう(東京都台東区)、蔵前小学校コミュニティ祭り(東京都台東区)において、食器のリユース活動の試行とアンケート調査を行いました。
合計で10のイベントに対してこのような、ちょっとした環境配慮の要素(プチエコ)を含めて、その効果をアンケートにより調べました。
   

学校における省エネ学習
小学校の児童に対して、われわれの研究メンバーが出かけてゆき、省エネ実践学習を行いました。
(東京都文京区・大塚小学校、東京都葛飾区・葛飾小学校)



 

(2010年10月から2013年9月まで) 

2012年度のポスター

(クリックすると大きくなります。)

プロジェクトのねらい

・文の京知恵の実現センターを拠点として分野横断的な活動を推進して、家庭及び業務部門の主体的な行動の潮流を形成する。
・個別に行われていた小中学校における環境教育、幼稚園・保育園における情操教育、家庭での脱温暖化の取り組み、事業所と大学における省エネルギー、地域の人材活用について、それらを互いに高めあう形で、地域としての絆を重視しつつ組織的に推進することによって、脱温暖化の主体的な行動の潮流を地域において幅広く作る。

プロジェクトの進め方

研究開発要素の間の関係

複雑な関係を模索しながら、「実現センター」を中心にプロジェクトを進めました。

  • プロジェクトの概要図(2012年8月)
  • 領域合宿で用いた図です。


    ★学生グループのレポート

    2014年1月 このプロジェクトで作った学生グループ「文の京学生エコネットワーク」が2013年の環境学習指導員認定講座でライフサイクル的な考え方(LCT)に関する講座を行いました。学生と社会人、若い人とシニアな人の協働が実現しました。その報告書を学生が作りました。ご覧下さい。

    ★公開シンポジウム

    2013年9月25日(水)午後に公開シンポジウム「文京区地球温暖化対策シンポジウム」を東京都文京区にて開催いたしました。参加いただきました方々、ありがとうございます。

    (クリックすると大きくなります。)

    当日のプログラムと発表スライドはこちらにあります。

    ★啓発用温度シール作成

     2011年、室温が数字で表示されるシールを作り、東大内に配付しました。学生さんがデザインしました。

    ★省エネ事例交換会開催

    2011年7月19日 文京区の中小企業向けに省エネ事例交換会を開きました。

    ★省エネコンテスト

    文京区内の中小事業所の省エネコンテスト(応募期間:2011年9月15日から10月15日)を行いました。その結果、下記の2事業所が優秀事業者として表彰されました。

    ○テラル後楽ビル

    ○(株)プロスト

      順不同

    コンテストの審査経緯はこちらにあります。

     


    環境システム研究室トップへ

    花木啓祐ホームページへ